2008年04月29日

暇だと感じるニートは働き時

暇だと感じるニートは働き時

世の中には色々なニートと呼ばれている状態の人がいると思うのだが、今、自分を暇だと感じているニートの人。この人はまさに今が働き時なのである。

年齢にもよると思うが、若ければ若い程、仕事はたくさんあると思っていいと思う。
暇だと悩んでいる時間などは本当にもったいないのだ。

正社員にならなければと悩んでいるニートの人がいるかもしれないが、暇なニートの人については、とにかく日雇いであろうが、バイトであろうが、短期の派遣社員であろうが、働くのが一番良い。暇だと感じている時間などはもったいなくてしょうがない。私はそう思う。

どんな仕事、バイトをするか?これは人にもより結構問題だと思うのだが、まずは自分のやりたい事よりもやれる事から始めることが大事だと思う。

肉体労働になんとなく向いているなという人は、肉体労働をすればいいし、自分でなんとなく接客業に向いているなという人は接客業や販売などの仕事をすればいい。

働く期間は自由である。日雇いでもいいので一歩踏み出す事が重要なのである。ただし、私の経験上、日雇いの仕事というのは続かない。なぜなら仕事というのは人間関係、バイト仲間、仕事仲間というのが仕事を続ける大きな動機となるからだ。お金も大事だが、お金だけではそうそう仕事は続かない。大体3ヶ月以上くらいの期間の、仕事を始めた方がいいと思う。派遣になってしまうかもしれないが、そういう期間の仕事というのはたくさんある。
もちろん、長く働けるなら、それに越したことはないかもしれないが、無理に長く働いても、ストレスで体や神経を壊してしまっては意味がないのでやはり無理なくできる事から始めることが大切だと思う。
ちなみに現在の法律では1年以上働いて雇用保険を収め続ければ、失業保険をもらうことができる仕組みになっている。
3ヶ月更新の仕事でまずは1年を狙うというのも悪くない。


人生、休息は有用だが、暇というものは無用だと思う。


posted by taka at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニートを脱出するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。