2008年05月02日

ニートこそ趣味探しの絶好のチャンス

ニートこそ趣味探しの絶好のチャンス

ニートというのは趣味探しのための絶好の時間でもある

ニートがネガティブか?というバカバカしい課題についてはすでに以前の記事で触れたが、ニートでおられる時間というものは貴重なもので、ネガティブにとらえネガティブに過ごすのは非常にもったいないことである。

ニートである時間をポジティブに過ごす方法として、一つはニートという時間を趣味を充実させるために使うということだと思う。

一般的なニートの人というのは、
どうやらパソコンは持っている人が多い。
ネットゲームをしている人が多い。

以上勝手な私のイメージなのだが・・
どう考えてもこれだけではもったいない!!趣味としても貧困すぎる!!

もっと色々あるだろうと思う。

例えばパソコンの前に座っているなら、ブログ、サイト作成、HTMLやXMLなどの勉強。プログラミングの勉強。色々できる。何もバカのようにネットゲームをずっとやっていることはないのだ。
ブログやサイト運営を本業としてやっている人もいるし、プログラミングの勉強などを続けていけばいずれは仕事につながる可能性は非常に高い。


パソコン以外でも趣味としてやれることはいくらでもある。


テニス、サーフィン、ダイビング、水泳、ジョギング スポーツ全般
資格勉強、職業訓練学校に行ってなんでもいいから技術などを身につけておく
車、バイク、大型、フォークリフトなどあらゆる免許の取得
読書
小説を書く 
音楽
楽器を習う
バンドに参加する
近場でもいいので旅行
ナンパ、出会いサイトなど完全に遊んでみる



趣味というのは一生ものである。仕事も一生ものであるが、サラリーマンにとっては引退後、仕事よりむしろ大事なものは趣味である!今は人生80年。定年後も20年も生きるのだ。また仕事をやっている間も趣味は自分を支える大切なものになる。

趣味をおろそかにしてはいけないのだ。


昔読んだ何かの啓発本にあった。

趣味は仕事に転ずる


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。